朔日市限定 あつた宮餅

朔日市限定 あつた宮餅

令和元年初日の5月1日。
すでに記事にしている赤福朔日餅のほかにも、
あつた宮餅を購入してました。

朔日参りとは
古くから伝わる、毎月1日(朔日)に神社・仏閣に
参拝する風習のことです。
「あつた宮宿会」では、「朔日参り」の風習を多くの
熱田・名古屋・そして市外の方にも知ってもらうことを
目的に、メンバーによるおもてなしの市
「あつた朔日市」を開催します。

熱田神宮での開催は
2月・3月・4月・7月・8月・9月・10月・12月

熱田神宮南にある秋葉山圓通寺での開催は
5月・6月・11月

5月だったので、秋葉山圓通寺での開催でした。

あつた宮餅は1月を除いた毎月1日のみ数量限定販売。
事前予約できるかどうかはわかりません。

4社共同開発和菓子。
あつた蓬莱軒 (ひつまぶしで有名なお店)
きよめ餅総本家  (和菓子きよめ餅が有名)
妙香園 (お茶専門店)
亀屋芳広 (和菓子屋さん)

5個入りで2個は季節に合わせたお菓子が用意される。

あつた朔日市ポスター
あつた朔日市ポスター
あつた朔日市 圓通寺
あつた朔日市 圓通寺
あつた宮餅と手提げ袋
あつた宮餅と手提げ袋

あつた宮餅外箱を各方向から。側面には4社の名前。

あつた宮餅外箱
あつた宮餅外箱
あつた宮餅外箱
あつた宮餅外箱
あつた宮餅外箱
あつた宮餅外箱
あつた宮餅外箱
あつた宮餅外箱
あつた宮餅外箱裏面
あつた宮餅外箱裏面

2つ製造者がかいてあるけどこれは亀屋芳広で作ったということかな。

あつた宮餅外箱裏面
あつた宮餅外箱裏面

外箱は金色でした。

あつた宮餅外箱
あつた宮餅外箱



5月は藤棚。右下の入れ物は、お茶の味が。好みでかけてください。

あつた宮餅、上の2つが毎月替わる
あつた宮餅、上の2つが毎月替わる
あつた宮餅 下3個と特製タレ
あつた宮餅 下3個と特製タレ
あつた宮餅 上4個
あつた宮餅 上4個
あつた宮餅 下の中身
あつた宮餅 下の中身
あつた宮餅うえ2個の中身
あつた宮餅うえ2個の中身
あつた宮餅
あつた宮餅

1つ税込み1000円 1人3個まで。

 

1+

食べ物画像カテゴリの最新記事