赤福朔日餅六月麦手餅

赤福朔日餅六月麦手餅

三重県伊勢市の赤福。
1月以外の毎月1日に月替わりで
限定販売されている和菓子 朔日餅。

朔日餅の概要

伊勢には毎月一日に神宮へ参る「朔日参り(ついたちまいり)」があり、
無事に過ごせた一ヶ月を感謝し、新しい月の無事を願い、
この朔日参りのお客様を「朔日餅(ついたちもち)」でお迎えします。
(朔日餅の説明から。)

六月朔日餅 麦手餅
赤福六月朔日餅 麦手餅

六月麦手餅

六月は、麦秋(ばくしゅう)とよばれ、麦刈・田植えで猫の手
もかりたい季節。そして、田植えのおわった日、
農家では応援の人々に祝餅をふるまい、麦で
賃料をはらいました。これが麦手餅です。

添付の麦粉はおもちにかけてお召し上がりください。
麦の香りがより楽しめます。

伊勢千代紙のこと

京の宮中や江戸の大奥ではじまった千代紙は、
やがて伊勢型紙によって友禅や小紋のうつくしい
紋様を刷るまでに成熟しました。月ごとの
朔日餅を伊勢の文化「伊勢千代紙」でつつみ、
あなた様ご一家の千代のご繁栄をお祈りします。

赤福六月朔日餅麦手餅説明
赤福六月朔日餅麦手餅説明

六月の包装紙伊勢千代紙の絵について

六月は麦秋と言われ麦の収穫月
農家の方々は繁忙きわまりますが喜び
も又ひとしお深い祝月。
豊作の麦畠を版画の徳力富吉郎先生
に描いて戴きました。

赤福六月朔日餅の包装紙は伊勢千代紙
赤福六月朔日餅の包装紙は伊勢千代紙

消費期限は元号表示から西暦表示へ

令和元年初日の5月1日から表記変更。
包み紙は上部と下部のみ糊付けされてました。
「伊勢千代紙 版元・・・」の裏はしてありません。
陳列するわけではないからかな。

2019年4月(平成31年)まで消費期限表記が元号。

麦手餅の中は黒糖味あん

赤福六月朔日餅麦手餅は黒糖味の餡
赤福六月朔日餅麦手餅は黒糖味の餡

もち麦生地を作り、黒糖味の餡を包みます。麦の香ばしさをお楽しみください。

麦の収穫が六月なのは知りませんでした。麦秋というと九月か十月ごろのように思いますね。

朔日餅を購入できる場所

三重県伊勢にある赤福本店と、三重県の東名阪自動車道
EXPASA御在所上り線赤福茶屋のみ、
毎月変わるお茶と一緒に朔日餅が召し上がれます。

三重県の近鉄百貨店四日市店、EXPASA御在所上り線赤福茶屋、
名古屋市内の百貨店、大阪、神戸市内の一部百貨店、
伊勢赤福本店と本店以外の伊勢市内の場所で
毎月1日限定で購入可能。

事前予約したほうが確実に購入できます。

楽天ポイントも貯まる松坂屋名古屋店で購入しました。
各月の朔日餅
二月 立春大吉餅
三月 よもぎ餅
四月 さくら餅
五月 かしわ餅
六月 むぎて餅
七月 竹流し
八月 八朔粟餅
九月 萩の餅
十月 栗餅
十一月 ゑびす餅
十二月 雪餅

次回七月は、11か月の中で唯一餅がつかない商品の竹流し

赤福朔日餅七月竹流し説明
赤福朔日餅七月竹流し説明

赤福の餡で特製した水ようかんを青竹に流し込み笹の葉で蓋をしています。
よく冷やしてお召し上がりください。

来月ももちろん予約しました。

1+

食べ物画像カテゴリの最新記事